多種多彩なリフォーム

衣装作りで型紙が無い時の緊急処置

衣装を作るのに型紙が必要です。
周囲に勧められたコスプレイヤーについてのサイトです
コスプレ専門雑誌などで「このキャラのこの衣装の型紙です」と銘打って付録で型紙をつけてくれていたりします。
お探しのサイトはコチラコスプレ←になりますので是非ご覧ください!
まあ最近は衣装を全部作るということをしなくても、出来が良くてしかも安く衣装が買えますから、全部手作りとなると却って高くつくようになりましたね。
私の人生はココのサイト→コスプレ 画像を目にしてから大きく好転しました。
それでも、販売していない衣装は存在しますし、「このキャラはこだわって作りたい」という方も多いでしょう。

 

よし、作ろう。型紙が無い!どうしよう!

 

これ、レイヤーあるあるです。慣れた方は型紙を新聞紙使って起こしてしまったりしますが、大抵の方は布屋さん等で売っている型紙を加工して衣装を作ったりするのでしょう。
中には市販されている服や自分が持っている衣類、古着を解体して型紙を起こす人もいます。私はこれをやりました。これのメリットは衣装づくりに不慣れでも最初からぴったり自分サイズに作れるというところです。完成形を想像しやすいというのもあります。
意外とこれが面倒なんです。
完成された衣類って型紙と勝手が違います。生地によって、当然ながら伸縮しますからそこも考えて作らないと痛い目見ます。
しっかり綺麗に解体してその通りに型紙を作って衣装も縫ったのに、やたらキツイ!
そりゃさばいた服は伸縮する素材ですからね、その通りに作ってしまえば拘束具のようになりますよ。
こういった失敗は手を抜きたい素人あるあるです。私も痛い目みたクチですので、皆さんもお気をつけて…