多種多彩なリフォーム

永代供養と年間の負担

 永代供養とは、遠くに親族がいるなどの都合でお墓参りができない人のかわりに、先祖等の供養をしてくれる仕組みのことです。私のよく見ているサイト→名古屋 永代供養をクリック。
近くに墓参りしてくれる人がいないと、結果的に墓が荒れてしまい管理も出来なくなることも考えられます。
周辺の墓地に迷惑をかけるのを誰しも敬遠しますが、永代供養であれば、墓苑や寺社があなたの代わりに責任を持って供養や墓苑の管理をしてくれます。
それが永きにわたって行ってもらえることもあり「永代供養」と呼ばれるサービスとなっています。

 

 近年では、少子高齢化の進行によって、自分の墓を見てくれる人が明らかにいなかったり、供養が期待できないと考える中高年が増えています。その結果、生前より永代供養を希望している高齢者が増えています。墓苑や寺社の中には、生前から予約を受け付けているケースまで見られます。
 世間で言う「永代供養料」とは、供養に際して他者と共同で管理したり利用したりする部分の管理費用を寺社や墓苑に支払うことと、三回忌や七回忌などの決まった時期の法要に関する謝礼なども含めて、故人の供養を任せるための費用という2つの側面を持っています。
永代供養にはさまざまな経費が必要になってきますが、一般的には年間10万円から年間50万円ほどが永代供養料の相場ともいえます。利用を検討している場合はサービス内容なども含めて事前にしっかりと把握しておきましょう。